プロフィール

マイセン

Author:マイセン
Idavollで
ひっそり生きる
ギロチンクロス(字余り)


リンクフリーです

ぽちこ様、ろく様、おーじ様より頂きました!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング登録してみました

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、マイセンと申します。








私よくね?このブログでも書いてるんですけど、

書くことねぇ書くことねぇって、事あるごとに言ってるんですよね?

普段からそんなんなのに、何を血迷ったのか、誰も得をしないのに

今月は毎日書きますとか言い出しちゃったもんで、

実は7月16日くらいからは毎日綱渡りで書いてたんですよ。

つまらない話でもなんとかひねりだして。

それでも出てくるのは屁ばっかりだったんですけど。










それでもなんとかやってきたんですけど、今日はほんとにでない。何も出ない。

屁さえも若干でない。せめて屁だけは出て欲しいのに。

多分今日が日曜日だからでないんだと思うんですよ。

大体私はブログのネタってクッソつまらない仕事中に考えている事が

多いので、お休みの日は買い物だー、別の用事だーって忙しかったりするんで

内容を考える時間がないよ・・・いや、無いんですね。









だったら発想を変えて、ブログのネタがない事をネタにしようと、こんなわけの分からない話を

クドクド書いていたんですが、それももう限界のようです。意外とカサ増しできなかった・・・

もう、しょうがない。腹を決めました。

私も男ですんで、ここは潔く、ROとまったくもって関係ない話をします。

今日はもうそうすることにします。RO関連を期待されていた方はほんとすみません。








ん~~~何の話をしようかな。

そういえば最近本当に暑いですねぇ・・・・

ちょっと涼しくなりますか?時間もいい頃合ですし。

怪談なんていかがでしょう。

私の友人が体験したとっておきのがあるんでそれでも話させていただきます。

ちなみに、ガチ怖い話なんで、苦手な方は読まないで下さい。

このブログではめずらしく折りたたむ事にします。さすがにね?

読まれないという方は今日はこんな内容で本当にすみませんでした。

明日からは普通にROの事書かせて頂きます。






それでは失礼します。






では、怖い話もなんのそのという方は続きをどうぞ!















えーと、これは私の高校からの友人が体験したお話です。

体験した翌日だったかな?に興奮気味に話してくれました。







友人は4兄弟の末っ子でしてね?

1番目と2番目のご兄弟は既に家を出ていて、

友人のすぐ上のお兄さんも大学進学を機に一人暮らしをされるとのことで、

そのお兄さんの部屋と友人の部屋の壁をぶち抜いて友人の部屋を広くしたんですよ。

それにより友人の部屋は、うなぎの寝床の様に細長い間取りになりまして、

ドアから1番遠い部屋の奥にベッドを置くという配置になったんですね?








んでそんな配置の部屋に慣れ始めたある日。

まさに今くらいの暑い夏の夜だったと思います。

寝苦しい中、友人は目を瞑ってベッドに横になっていたそうです。

友人の家はそこそこ車どおりのある道に面しているのですが、

その日はなぜか車の音がしなく、なんだか異様に静かな夜だったそうです。







どうにも寝付けない友人は、開き直ってゲームでもやろうかなと思い

体を起こそうとした時自分の体が動かなくなってることに気付いたそうです。

え??え???なんで!?とあせっているとギィィィィと部屋のドアの開く音が・・・

目線だけをとっさにそちらに移すと、

長い髪の女性がうつむいて立っていたそうです。

ちなみにその時点で友人の家に女性はお母さんしかおらず、髪もショートカットでした。









これはまずい!と直感的に感じた友人は、その女性から目をそらすことが出来なくなったそうです。

じーっと見つめていても女性はピクリともうごかない。

そのうち友人はぱちりと瞬きをしたそうなんですね。

瞬きをしたその瞬間、うつむいた女性はそのままの格好で1Mくらい近づいていたそうです・・・

うそだろ・・・・と思った友人。これ瞬きしたらやばいんじゃ・・・・と本当に背筋が凍ったそうです。

しかし、人間どうしても瞬きはしてしまう。

そして案の定瞬きの度に女性は少しづつ近づいてくる・・・・

ちなみに友人の部屋は直線で4~5Mくらいあるのですが、

1Mくらいの所まで女性が来てもなぜか顔はみえなかったそうです。

そして、そこで友人も我慢の限界となり、ぎゅっと目を瞑って

ただただ、この恐怖の出来事が過ぎ去ってくれる事を念じつづけました。

そして、気が付くと朝になっていたそうです。










そんな落ちも何もない話を友人から聞きました。

じっさいの所嘘かホントかは私にもわかりません。

信じるか信じないかは、あなた次第です。







それでは失礼します

スポンサーサイト

<< 私にとっては嬉しすぎる装備 | ホーム | リンクのご紹介でございます。 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>>鍵付き様

コメントありがとうございます!!

了解いたしました!お大事になさってください!!

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。